非モテ系のままで生きていくブログ

管理人は、寺社仏閣と鉄道と飛行機と猫を愛する非モテ系。モテないままで、流されることなく、流れるように、頑張らないで生きていく。旅行したり仕事とか人生とか考察したり。

☆スポンサードリンク☆

【旅行の直前面倒くさい病】トラベル・ブルーを考察しようぜ

僕はようやく「旅行の直前になって出かけるのがとても面倒くさくなるくせに、いざ出発してみるとめちゃくちゃ楽しい現象」の名前を知った。それはトラベル・ブルーという名前だった。 原理としては、マタニティブルーやマリッジブルー、転職ブルーなどと同じ…

立憲民主党の政治センスの無さは異常。野党が負け続ける理由は?

このエントリは2021年9月に書いたものだが、どうも10月に解散総選挙の機運が高まっているようだと報道されている。菅内閣は自民党の総裁選を見据えて、内閣改造やら党内人事やらいろいろ動かそうとしている。 自滅や失点ばかりの自民党 実際のところ、自民党…

【アドセンス運用者向け】ブロックするべき医療系広告URL一覧作ったよ

僕は今回、コンプレックス医療系広告の追放を目的にして、これらすべての広告をブロックすることにした。諸君が僕と同じように大なり小なりのブログやメディアを運営し、こうした広告のブロックをしようと思っているなら、このブログに書いてあることが、多…

見た目の汚い不快な医療系Web広告のウザさは異常

不快な広告、増えたよな 僕はいい加減、僕のブログに表示される広告にうんざりしていた。 実際のところ、僕は毎月ラーメンが1杯食べられる程度の広告収益を得ている。だから広告が表示されるのはいいことだ。多くのインターネットメディアにとって、広告はな…

女性の髪・脚・腰・胸の魅力を考察しようぜ

僕たち男は、小学校高学年以降、常に女の性的魅力に惑わされることになる。その脚や腰や胸のいずれか、あるいはその全てに性的趣向を覚えるようになるのだ。なぜ僕たちはこれほどまでに、女の体のパーツに魅了されてしまうのだろうか。 進化心理学の説明は、…

婚活アプリで相手が見つからない女って何やってんの?

僕は一時期、婚活アプリをやっていた。会社の同僚に、「男性から見たら女性がどのように見えているのか教えてほしい」と言われたので、プロフィールも大したことを書かずに登録したのだ。僕が婚活アプリでマッチングすることがないことは分かっていた。けれ…

恋愛してみたかったし、結婚してみたかったよな

非モテは、自分はもう恋愛も結婚も諦めたからもういいのだ、自分には関係ないことだと語る。はたしてそうだろうか?僕も生涯を通じて非モテなのでよく分かるのだが、そこには嘘と欺瞞とごかましが見え隠れしている。 自分の誠実さを証明したいなら、僕たちは…

男の低身長・肥満・禿頭がモテない理由を考察しようぜ

あぁ、本当は僕は、このような罵倒語を用いたくなかった。 けれどもいい加減僕は、チビでも、ハゲでも、あるいはデブでもモテるという心無いアドバイスにウンザリしているのだ。非モテと呼ばれる連中は、だいたいこの3つのうちの1つ以上に該当するし、この属…

マスクを外す自由を取り戻そうぜ~マスクという宗教~

東京オリンピックが終わった。祭りのあとというのは、いつもどこか寂しいのに、何しろ僕たちは当事者ではなかったので、あまり「終わったのだ」という実感が湧いてこない。今回のオリンピックは、あまりにも日常的すぎた。そして、同じくらいに縁遠いものだ…

非モテの食文化~料理に興味がないので毎日同じもの食べてる~

僕の体は、米と納豆と卵でできている 僕は毎日、米と納豆と卵を食べて生活している。野菜は基本的に摂らないが、気が向いたときに漬物を買ってご飯のお供にするくらいだ。あとはベーコン。適度な塩っぱさがやはりご飯のお供にちょうどいい。卵はもっと素晴ら…

「親ガチャ」ハズレを引いたので、恵まれた家庭育ちが憎い件

金持ち育ちや恵まれた家庭育ちが憎い 僕は大学生活を通して、金持ちや恵まれた家庭への憎しみをつのらせてきた。 彼らには僕たち底辺非モテから憎しみを買う理由など、思いもよらぬことである。けれどその憎しみを抱える身勝手さ、理不尽さをまずは噛み締め…

何だかんだで東京オリンピックやってよかったよな

東京オリンピックの誘致が決まったのは2013年のことだった。当時僕は、およそ60年ぶりに自国で開催される世界最大級のスポーツの祭典に、まったく興味がなかった。首都高が改修されて、また外環道の大泉IC以南が建設されるのなら、使いやすくなるので良し、…

【ハルノヒ】あいみょんの曲って名曲だよな【マリーゴールド】

ここ最近、あいみょんの「愛を知るまでは」という曲をリピートしまくっている。 僕があいみょんの歌を初めて聞いたのは、どこかの店の有線放送で流れていた「君はロックを聴かない」だった。少々けだるげでキーが低く、それでいてハスキーな歌声は、彼女の楽…

非モテは一生幸せになることができない件

僕はモテないままで幸せな人生を歩んでいこうと、このブログを運営してきた。生き方や考え方を変えることで、モテないままに、モテないなりに、幸せになろうと考えてきた。しかしここ最近、それは本質的に無理ではないかと思い始めている。今回はこの辺りの…

生きづらいのは親のせいだ。毒親への憎しみを忘れるな

生きづらさを抱える毒親育ち 親が悪い、というのは、大人になってからだとなかなか表明しづらいものである。いい年して親のせいにして恥ずかしくないの?と問う声があるからだ。僕はそれに対して、別に恥ずかしくないことをこのエントリで主張したい。 「生…

介護の崩壊に備えて安楽死保険を作ろうぜ

保険は生存リスクに対応する 生命保険の所得保障保険の約款を眺めていて、ふと思いついたことである。僕たちはなぜこうした保険に加入するのか? 例えば今、脳卒中や心筋梗塞を起こした者がいるとする。本来ならその発症によって死んでいた者が、医療の進歩…

テレビを見るとバカになる←正しかった件

テレビを見るとバカになる テレビを見るとバカになる、とはよく言われたものである。僕も子供のときにそんなことを言われたような記憶がある。僕にそう教えたのは、親か祖父母か覚えていないが、どうも僕はこの教えは相当程度正しいものだと思っている。 当…

【R18】非モテだから風俗嬢にめちゃくちゃ感謝してる件

僕が自分の性欲の処し方について風俗の世話になり始めたのは、30歳を目前に控えた時期である。 それまでの僕は、僕自身にも少しばかりの恋愛の機会があるものだと信じていた。しかし僕は30歳を目前に控え、背が低いことや小さな目、突き出た唇などにより、僕…

【感情豊かで共感性が高いコミュ障】毒親育ちのASD【アスペルガー】

僕は最近思っているのだが、僕はASD(自閉症スペクトラム)なのかもしれない。何しろ僕は他人の感情に共感することができない。人は人。自分は自分。人の喜怒哀楽に一切影響されることなく、自分自身の感情にしか向き合うことができない。 まぁそれでは社会…

「死ね」と言えるようになった。少しだけコミュ障を克服した

「死ね」という言葉の破壊力 僕は小学生の頃、「死ねばいいのに」とか「死ね」という言葉を他人に投げつけていたように思う。まぁ小学生だったし、他人の受け取り方とかは何も考えていなかったのだろう。僕は小学校の時、当時の先生に「『死ね』と言ってはい…

緊急事態宣言なんかより感染症指定を2類相当から5類に変えようぜ

EURO2020と東京オリンピックの対比 今は東京オリンピックの真っ最中だ。誰それがメダルを取っただの、あるいは期待されていた選手が予選で敗退しただの、何だかんだで世間はオリンピックの話題で賑わっている。いつもと違うのは、これらのほとんどの競技が、…

【コロナ敗戦国日本】EURO2021と東京五輪、どこで差がついたのか

6万8千人の観客を集めたEURO決勝戦 2021年7月11日。EURO2021決勝戦。会場となったイギリス・ロンドン郊外のウェンブリー・スタジアムには、6万人を超える大観衆が詰めかけたという。 ロンドン中のパブやバーにはスリーライオンズを応援するサポーターが集ま…

コミュ障のままでそこそこの営業マンになろうぜ

コミュ障なのに不幸にも営業職になってしまった人に必要なのは、そこからいかにトップ営業になったのかという成功事例ではない。その適性に疑問を持たれながらも、怒られない程度にそこそこの成果を出し続けていくというところに着地させるほうが現実的であ…

コロナ禍での若者搾取とシルバー民主主義に復讐しようぜ

コロナの恐怖<<<春の行楽 2021年5月のGWは緊急事態宣言真っ只中だというのに、各地の行楽地、観光地への人出はなかなか盛況であるらしい。これは素晴らしいことだ。日本国民はコロナ禍がどのようなものかを理解しつつある。それは大して脅威ではなかった…

長生きしたくないし働きたくない。安楽死制度を整備しようぜ

90歳まで働くとかいう地獄 人生の大半は仕事であるといわれる。あたかも仕事は人生の大前提であるかのようだ。仕事のために生きる人間というのは減った感はあるが、仕事そのものは未だに人生の主要価値としてみなされている。その点に誰もが疑問を抱いていな…

異世界転生の次はパーティ追放。なろう系小説を考察しようぜ

ありがたいことに、以前僕が公開した異世界転生系小説についての考察記事は、まだ読まれている。僕はこのエントリで、先のエントリの続きとして、最近流行っているパーティ追放系のなろう系小説を考察してみよう。 生まれ変わるのと追放されるの違い junny-p…

【働きたくない】月曜日の朝のサラリーマンちょっと来い【仕事行きたくない】

労働とかいうクソゲー 月曜日が来た。5日間の平日が始まる。もうこれを何度繰り返し、僕はその度に落ち込んだ。僕は既に日曜日の夜から憂鬱だった。明日になればまた5日間も働かなければいけない。 かれこれ僕は13年もサラリーマンをやっているが、この13年…

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」とかいう微妙なリア充ラブコメ

俺ガイル原作完結、アニメ3期放映おめでとう! この読後感は何だろう。 不快である。 期待外れである。 想定外である。 どれも正しいように思えて、そのどれでもない気もしている。いずれにしても様々な納得いかない感が、今僕を貫いている。 このエントリに…

【NARUTO】無限月読の世界に僕も行ってみたかった

無限月読は、NARUTO第二部の中盤以降に登場する幻術で、月に輪廻写輪眼を投影し、その瞳力を増幅し世界の全ての人に幻術をかけ、永遠の夢の世界に誘うというものである。 僕はこれを読んで、まさにタイトルと同じことを思った。 NARUTOの中盤以降のストーリ…

【スプーン有料化】無能な働き者と環境問題【カーボンニュートラル】

小泉進次郎環境大臣は、「プラスチック資源循環促進法案」の改正について、コンビニなどで提供されるプラスチックスプーンの有料化を検討していると述べた。飲食店や小売店での使い捨てプラスチック製品の削減が義務付けられ、どう考えても末端のコンビニ店…