とある喪男の雑記ブログ

喪男とはモテない男のことです。寝ることと知的ぶることが好きな、意識低い系喪男の雑記ブログ。流されることなく、流れるように、ゴミみたいな人生を、頑張らないで生きていく。全体的に低スペック。絶食系男子。鉄オタ。飛行機オタ。城址仏閣好き。

☆スポンサードリンク☆

ありがとう、さようなら。JR和歌山線から105系、117系が引退へ

trafficnews.jp

大阪環状線を皮切りに、阪和線奈良線と、国鉄型車両の一掃を進めるJR西日本は、次なるターゲットを和歌山線・桜井線・紀勢本線に定めたようだ。時期としては2019年春頃とのことで、2020年3月のダイヤ改正までに、105系117系の、227系への置換えを完了したいものだと思われる。

f:id:junny-policies:20180402232605j:plain

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/JR西日本227系電車

今後導入される227系。現在は広島地区を中心に活躍し、115系の置き換えを進めている。


おそらくこの路線に、これまで大阪圏で利用されてきた225系や323系が投入されないのは、2~3両単位の短編成による運用が多く発生するからだろう。最低でも4両編成の単位となる225系や323系は、時間帯によって輸送力過剰となりうる。そのため短編成運用を前提として設計された227系のほうが、両数を調整しやすく、効率的な運用が期待できるということだろう。

 

f:id:junny-policies:20180402232804j:plain

整備を受ける桜井線105系

 

f:id:junny-policies:20180402232848j:plain

和歌山駅で出発を待つ105系

f:id:junny-policies:20180402232936j:plain

和歌山駅で留置される117系

117系については、浜松~米原間の新快速運用が既に終了したこともあり、急速にその運用範囲を狭めている。現在の運用は、

f:id:junny-policies:20180402234257j:plain

山陽本線の岡山~福山間で運用される末期色真っ黄色の「サンライナー」の運用と、

f:id:junny-policies:20180402234236j:plain

ピーマン緑色で塗られた湖西線での運用のみとなり、全面撤退も時間の問題だ。

時代は流れ、昭和は遠くなる。抵抗制御国鉄型車両は、播但線関西本線103系や、各地でまだ走る115系もあるが、115系については場所によっては急速に姿を消している。新潟や高崎は長らく115系の楽園であったが、あっという間に211系とE129系に置換えられた。置き換えられるときはあっさり置き換えられてしまうので、その姿をカメラに収めるならお早めに。

☆スポンサードリンク☆