とある喪男の雑記ブログ

喪男とはモテない男のことです。寝ることと知的ぶることが好きな、意識低い系喪男の雑記ブログ。流されることなく、流れるように、ゴミみたいな人生を、頑張らないで生きていく。全体的に低スペック。絶食系男子。鉄オタ。飛行機オタ。城址仏閣好き。

☆スポンサードリンク☆

【飯田橋】「でんまる」の辛味つけ麺は美味い

「でんまる」は、飯田橋駅東口交差点から線路沿いを歩いてすぐのところにあるつけ麺の店である。

飯田橋駅周辺は、「つじ田」や「舎鈴」などの有名なラーメン屋が多く立ち並ぶ。立地的にもつけ麺が中心というメニューにおいても、「舎鈴」は競合店にあたる。実のところ「舎鈴」のほうがあとからできたのであるが、どちらもそれなりに客が入っている。

「舎鈴」は魚介系つけ麺を得意とし、辛味つけ麺というメニューも提供しているのだが、その実態は、唐辛子を中心としたスパイシーな調味料を、通常のつけ麺のスープに入れる、というものである。それに対して「でんまる」のつけ麺は、スープが最初から辛く味付けがしてある。そういう意味で、僕などは「でんまる」に、辛味に対してのこだわりめいたものを感じる。

f:id:junny-policies:20181025234540j:plain

店舗外観。辛味を得意としているようで、麻辣まぜそばや肉野菜辛味つけ麺の看板やポスターが目を引く。つけ麺の大盛り無料というのも地味にポイントが高い。ちなみにお隣の「舎鈴」の大盛りは+100円である。

f:id:junny-policies:20181025234556j:plain

780円の辛味つけ麺大盛り。麺はつるつるとした細麺で、辛味のあるスープに対してそれが引き立てられる口当たりになっている。写真では分かりづらいが、麺の器は結構深く、それに並々と麺が盛り付けられているので、見た目以上にボリュームがある。少食な人は無理に大盛りにする必要はないだろう。

スープに浮かぶネギが清涼感をかきたてる。肉はチャーシューではなく、バラ肉が浮かんでいる。スープの辛さは、他の店でいうところの、同じくつけ麺を専門とする「やすべえ」の辛味MAX程度だろうか。

もちろん普通のつけ麺や、まぜそばも提供しているが、僕はそれにはトライはしていない。辛いものが食べたくなったら、是非足を運んでもらいたい。

☆スポンサードリンク☆