非モテ弱者男性のブログ

旧「非モテ系のままで生きていくブログ」から、弱者男性ブログに進化しました。レベル36の限界中年/異常独身/非モテのブログ。もう人生折り返しました。残りの人生を頑張らないで生きていこうと思います。なおこのブログには、モテる方法は1つも書いていません。

☆スポンサードリンク☆

喪男の恋愛・結婚

風俗に行ったら非モテの青春コンプレックスが解消に向かった件

非モテをこじらせてラブソングが嫌いになった話 青春なんてなかった非モテも、今を生きていかなければいけない。僕だって、部活で仲間と栄光と挫折を味わい、あるいは友情に悩み、クラスメイトの女の子と付かず離れずの関係になるような、そんな絵に描いたよ…

毒親に育てられると結婚願望を持たなくなる

僕は毒親に育てられた。 僕は、20歳の頃には子供を持たないという決意をしていたと記憶している。さらにここ数年で、結婚願望がほぼ消滅したように思う。そしてそれは現実的になった。これはいいことだ。毒親に育てられた子供は、親になったら毒親になる。そ…

もう30代なのに彼女いない歴=年齢だから諦めようぜ

彼女いない歴=年齢は恋愛対象外 知ってたって?そうだろう。けれども暗黙の了解では意味がない。非モテはこのことを明確に認識する必要がある。彼氏にしたくない男ランキングで栄(は)えある一位を獲得するのは、ダントツで「彼女のいた事がない男」である…

女に嘘が言えない誠実な男はモテない

世界中を敵にしても君を守る いや何言ってんのと問い正したい。 なるほど。すばらしい。世界中を敵にしてもその女を守らなければいけないシチュエーションを考えてみよう。その女が何かの罪を犯して世界中を敵に回したならば、ぜひあなたが世界中を敵にして…

生まれ変わりたくないという話と、異世界転生小説の悲哀

僕は生まれ変わりたくない 生まれ変わったら何になりたい?という問いが昔から苦手だった。 この問いは極めて残酷である。何しろ生まれ変わるということは、もう一度生を受け、死に至らなければならないということである。サッカー選手になろうが、ハリウッ…

婚活をマーケティング分析したら非モテの婚活市場価値が分かった

僕の友人がとうとう婚活を開始した。マッチングアプリというのを使って、女性とのマッチングに日々勤しんでいるのだという。僕は相変わらず結婚願望が湧いてこないし、結婚にはまったく焦っていない。むしろ結婚していないことに焦っていない自分に焦ってい…

好きな人と夢で逢えたら、非モテの僕はそれだけで幸せだ

非モテ非モテと嘆いてみせても、僕は今でも、かつて好きだった人と一緒にいる夢をみることがある。 非モテの恋愛は、それが表に出ない限りは美しいものだ。そしてそれは、その恋愛対象の相手には関係なく、勝手に始まって、勝手に終わるものだ。しかも非モテ…

佐々木希が嫁でも浮気する渡部健と、誰が嫁でも浮気しない誠実な非モテ

佐々木希を嫁にしました、ということであれば、どうだろうか。世間一般の男どもから見れば、彼女のような美女と結婚した渡部建は勝ち組である。渡部は、一世を風靡した美女を妻にしたことで、世間の男どもの羨望のマトとなった。その渡部が今浮気をしたこと…

非モテたちはインセルではなくMGTOWになろうぜ

非モテはインセルになってはいけない。 インセルという海外の非モテ過激派 https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/26/incels-looksmaxing-obsession_a_23489826/ インセル(incel)はinvoluntary celibate(望まない独身者)の略称である。非自発的禁欲者とも…

どうせ非モテだし女性不信について考えようぜ

女性不信になってしまった?なるほど結構なことだ。安心してほしい。僕はこのエントリで、読者の女性不信を解いてやろうという気はまったくない。だから対処法とかも書いてない。そうではなくて、僕はその女性不信にむしろ同調し、その心の傷に寄り添うもの…

非モテには恋愛のハードルが高すぎたから降りることにした

今や、非モテが最も必要としている言葉は、こうすればモテるようになる!という解決法ではない。もうそういう誰も救われない言葉は不要だ。こういうことを言ってくるのは、非モテに対してマウントを取りたいだけの畜生どもだ。 僕たち非モテが求めるのは、も…

非モテは好きな人に何も期待しない

非モテが好きな人の幸せのためにできること 人が人を好きになることは、当たり前のことである。僕はそれを理解している。 もう20年以上も前のことである。かつて僕は、おそらく同じクラスの彼女のことが好きだったのだ。 彼女が他の男と楽しそうに話をしてい…

「低身長でもモテる!例えば小池徹平」←何の参考にもならない件

低身長で悩み苦しんでいる非モテは多いはずだ。僕はこのエントリで、身長コンプレックスをもつ非モテについて語ってみようと思う。 僕自身の身長も160cmぴったりしかない。会社の健康診断ではいつも160.8cmとか160.4cmとかのギリギリのせめぎあいをしている…

理不尽で苦しい非モテ人生だけど悟り系男子になろうぜ

生きとし生ける僕たちは、人生における数々の理不尽の相手をしなければならない。そんな人生は辛く苦しいが、仏教の教理が1つの指針になるかもしれない。 僕が目指している悟り系男子というのは、女性誌で人気の「イケメンなのに恋愛に興味がなくてそれでい…

非モテの消費論:賢い消費は非モテを幸せにする

非モテは、そのモテないというコンプレックスのために、あらゆる消費の誘惑にさらされることになる。それは概ね外見コンプレックスに働きかけるものが多い。背を伸ばす、歯をきれいにする、シミを取る、痩せる、あるいは下世話にも性器を大きくする、中には…

モテないけど合コンに行ってみたらやっぱりモテなかった

僕は合コンというのが大の苦手である。それは僕が心の底から骨の髄まで喪男体質であり、コミュ障であるからだが、僕が合コンに参加しないと決めた理由について、あえて言葉にして書き出してみようと思う。 僕が参加したこの1回の合コンで学び理解したことは…

どうせキモいし恋愛なんか放棄しようぜ

喪男道というブログがある。 このブログは、レイシストというか、ミソジニーのレベルでイケメンリア充と女性差別に偏っている節があるが、その一部分、恋愛における容姿の重要性については非常に的を射ている部分がある。 容姿に優れる男は恋愛市場において…

モテない僕は女性を好きになったことがない

「人を好きになる」を定義する 思春期に入る小学校高学年の頃から、誰々は誰々が好きという話で盛り上がるものである。それから20年の時が経ち、今の僕にとっての「人を好きになる」という定義は、「無意識的に、ある特定の人のことが頭に浮かんでしまって、…

喪男だって恋をする。喪男らしい恋愛をしよう

女性の笑顔にはかなわない 喪男(もおとこ)というのは「モテない男性」を意味する言葉である。世間一般的には恋愛弱者であり、恋愛至上主義から排除された連中のことでもある。それは外見、身長、雰囲気、衣服、性格、考え方など、あらゆる属性が「モテる男…

喪男は告白ハラスメントに気をつけよう

告ハラはの本質はレイプと同じ ちょっと前に「告白ハラスメント(告ハラ)」というのがバズったことがある。間違いなく両思いでない(と客観的には見える)のにも関わらず、無謀にも、あるいはフラレることを覚悟で告白してしまう事象の総称で、主に男性から…