とある喪男の雑記ブログ

寝ることと知的ぶることが好きな、意識低い系喪男の雑記ブログ。流されることなく、流れるように、ゴミみたいな人生を、頑張らないで生きていく。全体的に低スペック。絶食系男子。鉄オタ。飛行機オタ。城址仏閣好き。

☆スポンサードリンク☆

ありがとう、さようなら。JR武蔵野線205系がインドネシアへ譲渡

news.mynavi.jp

とうとうこの時がやってきた、というのがこのニュースを目にしたときの僕の正直な感想である。
JR武蔵野線で長年利用されてきた205系車両がインドネシア鉄道へ譲渡され、その姿を消すことになる。

f:id:junny-policies:20180301231955j:plain

ラインカラーであるオレンジバーミリオンを身にまとう205系

武蔵野線で使われている205系は、もともとは山手線で使用されていたものである。山手線に当時の最新鋭車両であるE231系が導入されることから、その多くが武蔵野線へ転属となり、当時使われていた103系を置き換えたのだった。

それまでの武蔵野線205系の動力車比率は6M2Tとなっており、これは乗り入れ先の京葉線において潮見駅越中島間の急勾配を登りきるためのものであった。その後、山手線からの転属車は制御機器を界磁添加励磁制御からVVVFインバータ制御に改造され、4M4Tの比率となり、これが今の主力である。

f:id:junny-policies:20180301232055j:plain

東浦和駅に到着する205系。前述の通り、走行機器はVVVFインバータに更新されているが、外観は当時のまま。山手線で使われていただけあって、0番台を含む編成が元気に走っている。

武蔵野線205系の楽園だった

f:id:junny-policies:20180301232004j:plain

f:id:junny-policies:20180503011037j:image

かつて京葉線で使われていた「メルヘン顔」仕様の205系

f:id:junny-policies:20180301231935j:plain

南武線から転属してきた205系M51編成。武蔵野線に転属してきた205系としては最も新しい。外観がオリジナルと同等、走行機器も界磁添加励磁制御のままで運用されており、登場時の姿と走行音がそのまま残っている。ただパンタグラフシングルアームに換装されている。

f:id:junny-policies:20180301233313j:plain

最も多く運用されているタイプの205系

これからの武蔵野線の車両

f:id:junny-policies:20180301231845j:plain

※引用元:https://news.mynavi.jp/article/20180228-591293/
武蔵野線としては最新鋭車両となるE231系。既に2編成が投入されている。

f:id:junny-policies:20180301232127j:plain

今後の武蔵野線のもう1つの主力車両となりうる、209系500番台。209系自体、消費電力半分・寿命半分で開発されたため、当時の使い捨てカメラにかけて「走ルンです」などと揶揄されたが、最近制御機器を更新したようで、使い捨てどころかまだまだ現役で走り続ける。一部の編成は登場時と走行音が異なっている。

外見はE231系とよく似ているが、見分け方は簡単で、先頭車両の外枠が白ければ209系、銀色ならばE231系だ。

f:id:junny-policies:20180301231921j:plain

総武緩行線で使用される209系500番台。山手線には最新鋭車両であるE235系が大量導入される予定となっており、余剰となったE231系総武緩行線へ、それによって余剰となったE231系209系500番台が、武蔵野線へ転入。さらにそれによって余剰となった205系インドネシアへ渡る、という流れなのだろう。

この編成ももしかしたら武蔵野線へやってくるかもしれない。

f:id:junny-policies:20180301232018j:plain

山手線に投入される、最新鋭のE235系

f:id:junny-policies:20180301232037j:plain

山手線の現在の主力であるE231系。これの多くがおそらくその帯の色を黄色に変え、総武緩行線に投入される。

f:id:junny-policies:20180503010755j:image

すでに活躍の場を総武線に移した編成もある。

インドネシアで活躍する日本の車両

インドネシアには多くの日本製の車両が稼働しており、その中には千代田線および常磐緩行線で使われていた203系や、埼京線で使われていた205系もある。ちなみに武蔵野線で使われていた103系も一足先にインドネシアで使われており、未だに海浜幕張行きの方向幕を表示しながら走り続けているという。

武蔵野線ユーザとして、205系に慣れ親しんだ者としては少々さびしいが、これも時代の流れだろう。

 

☆スポンサードリンク☆