とある底辺喪男の社会評論

現代社会の様々な問題点や、政治、経済、金融、教育のあらゆる社会的分野について、好き勝手に評論する若干意識高めのブログです。ただし、論者は底辺喪男です。

☆スポンサードリンク☆

金融・経済

政府「賃金下がってるので年金下げます」←いやその理屈はおかしい

やはり年金支給額は引き下げられた 少し前になるが、こんな記事を見つけた。国民年金の支給額が、事実上引き下げられることが現実的にありうるという。 www.zakzak.co.jp saigaijyouhou.com 2016年度の年金支給額は、2015年のそれに対して事実上の下落となる…

日銀のETF買い入れは、市場経済主義の否定である

今年、日銀がETF(上場投資信託)買入の強化を実施してから、株価は「安定」しているようにみえる。日経平均は概ね16,300~17,400円くらいの間で推移しており、長期で見た日足は上昇トレンドにあるように思える。ということは、日本経済の先行きも明るいのだ…

インフレターゲット2%達成のためには経済・財政政策が必要である

日銀は、インフレターゲット2%を目指して現在進行形で「異次元金融緩和」を継続している。これは世間一般で言うところの「アベノミクス」における「3本の矢」の1つである金融緩和の目標とされている。僕は、実はこのインフレターゲットの政策は、現状のまま…

長短金利操作付き量的・質的金融緩和は事実上の金融引締めである

2016年9月21日、日銀金融政策決定会合の結果速報が発表された。結果としてはその日の日経平均は大幅高で推移したのだが、僕はこの時の相場の動きと、実際の会合の結果の政策内容の関連性がどうにも納得できなかった。なぜこの日の日経平均は上昇したのか、少…